ピアノの響き

~ Pianist 松川 峰子のblog ~
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

演奏会へ

近頃は、週一ペースで人前演奏の機会があり、気の抜けない日が続いています…。
そんな中ですが、2つのピアノリサイタルへ足を運びました。

◆アレクサンダー・コブリン/兵庫県立芸術文化センター大ホール
◆福間洸太朗/いずみホール

2人共、私とほぼ同年代で世界的に活躍されている方々です。
大まかに分類するなら、コブリンは知性、頭脳派、福間さんは感性、感覚派といった印象を受けました。
タイプが違って其々に素敵でしたが、衝撃を受けたのは福間さんでした!
完璧なテクニックは勿論のこと、自然な歌心に溢れた、心温まる音楽を聴かせていただきました。
曲の合間には丁寧にお話を交えて、いずみホールという大舞台ながら、内輪のサロンコンサートのようなゆったりした空気感。演奏曲には自ら編曲した曲もあったり、何の曲でも、何時間でも弾いていられるような余裕すら感じました。

日本では、名の通ったコンクールに入賞しておられないせいか、あまり知名度はないのかもしれませんが、今後もっともっと広く知られて欲しいピアニストさんです。

ウェブサイト→ http://www.kotarofukuma.com/
(演奏の映像もありますが、実際に聴いた方が素晴らしかったです!)

私も演奏者である以上は、色々な音楽に触れて、自分のピアノにも生かしていかねば…と目の醒める思いがしているこの頃です。
スポンサーサイト
【 2013/10/11 】 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。