2013
05.05

夢遊病の女

Category: 未分類
今日は、関西二期会オペラ/ベッリーニ作曲「夢遊病の女」を観に行ってきました。大学の同級生、山田愛子さんと、後輩の周防彩子さんが出演していて…、以前から楽しみにしていた公演です。私自身、ワンシーンのアリアを伴奏した経験はありましたが、フルで観るのは初めてでした。音楽の方は流石ベッリーニ!!ですね、ショパンと同年代に活躍した作曲家ということも納得で、終始甘く美しいメロディに酔わされました。周防さんの演技力も素晴らしく、、感動して涙も出ました。優秀な後輩が居て誇らしいです!山田さんは、「母」の役柄でしたが、彼女自身のもつ落ち着いた雰囲気や、優しさ、温かさといった人柄がそのままピッタリはまっているように感じました。終わった後は満足感で一杯で…拍手も、手が真っ赤になるほど叩いておりました…素晴らしかった
皆さま、お疲れ様でした
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://pfmine.blog137.fc2.com/tb.php/249-03dfd6b6
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top