2011
11.20

オーディション

Category: 未分類
日本ピアノ教育連盟主催オーディションでの、協力員のお仕事でした。
2日間に渡って、高校生部門70人程の演奏を聴きました。

沢山の人の演奏を聴くと
良い演奏とは何かを考えさせられます。

確かな技術と、豊かな音楽性。作品への理解。
客観的に自分の音を聴いて
音色等をコントロールすることの大切さ。
耳の感覚を養うのも大事なことだと思います。

まだ高校生なので、この機会をひとつの良い経験として
これからも、ピアノと向き合って欲しいと思います。

こう書きながら、自分への励ましのようでもあり。
私も、様々な経験を通じて、成長できたらなと思います。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://pfmine.blog137.fc2.com/tb.php/105-5d09f6cc
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top